ファクタリングの悪徳業者に騙されないために行うべきこと

売掛金を期日前に受け取ることができるファクタリング会社は、企業の資金繰りに大いに役立つ便利な存在です。しかし、少なからず悪徳業者も存在しているので、ファクタリング会社を利用する際は注意して取引先を選択する必要があります。これは事前に業者の所在を確認し、契約を結ぶ段階で契約書の内容をしっかりと確認すると悪徳業者に騙されるのを防げます。
ファクタリング会社の選定は、直接会社を訪れて架空の会社ではないかを確かめて、社内の雰囲気や社員の態度にも注意を払い業者の選定をするようにしてください。実際に雰囲気を感じるとかなりの確率で悪徳業者を避けられるはずです。近くにファクタリング会社が存在していない場合はインターネット上での契約となりますが、サイト上に住所が記載されていないような業者は避けるようにしてください。
契約書の内容ですが、非常に高額な費用を契約書に計上している業者は契約は結ばないようにしてください。ファクタリングを利用するためには債権譲渡登記が必要で、通常登記にかかる費用は7万円から9万円、解除には万円から2万円ほどでこの費用は高くても10万円を超えるようなことはありません。
さらに、売掛金ごとに契約書に記載されている入金日が合致しているのかも見ておきましょう。悪徳業者では売掛金の入金日が期日と合わない場合や、期日を引き伸ばして支払いを遅らせることも多発しています。ひどい場合は連絡がつかなくなるといったケースも見受けられます。
また、契約書の契約書の内容を勝手に買い換えられていたということもあるようです。契約書の控えは手元に遺しておき契約の内容を変更された場合に備えておく必要があります。
ファクタリング会社を利用する際は、悪徳業者にだまされないように契約書に記載されている内容は隅から隅まで確認し、わからないことが合った場合は専門家に相談するしアドバイスを受けることおすすめします。

ファクタリング徹底解剖|ファクタリングとは?メリットや手数料はこちら